読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレームブリュレ

いろんなアングルで眺めてたいや

ようこそSexy Zoneの世界へ!

行ってきました!Welcome to Sexy Zone Tour 大阪公演(5月3日)!!

 

「今までセクゾコン行ったことなくてこれが初めてなんだよね。」って周りの友人に言うと結構びっくりされたけど本当に初めてのSexyZoneのコンサート。今までも申し込んでは外れたり、誘ってもらっても用事で行けなかったり、となんだかんだで行ったことがなかった。今回は申し込みがセクゾのファンクラブ会員のみということで未入会の私は申し込んでもいなかったのだが、運よく友人に誘ってもらい行けることに。

勝利と健人の二人は昨年のJOHNNY'S Worldで見たけれど、風磨と聡マリに至ってはおそらく3年前のジャニワ感謝祭でしか生で見たことはないはず。デビュー時からずっと見てきたSexyZoneのコンサートにやっと行けるというのはもう楽しみで楽しみで仕方なくて、ずっと当日が待ち遠しかった。

 

アルバムも当日までしっかりと聞き込んで準備万端。当日はあいにくの雨模様だったが、そんなこともどうでもよくなるくらい心の中は浮かれモード。しかも今まで行った城ホのコンサートの中でも一番良い席で、座った途端から心臓のバクバクが止まらなかった。誘ってくれた友人には本当に頭が上がらない…

 

そしていよいよ Welcome to Sexy Zone Tour が始まった。

 

イントロダクションの『Welcome to Sexy Zone』 から始まる演出。前回のコンサートでは同じくイントロダクションである『Sexy Power3』が途中のダンスパートで使われていたが、今回のような使い方もとても良い。いきなりメンバーがドーン!と登場してくるのももちろん良いが、「来るぞ…来るぞ…」と期待させてくるようなこの演出は普通に登場してくるよりも出てきたときの喜びが大きくなる気がする。個人的に。

5曲目の『ぶつかっちゃうよ』!セクセカの曲まで歌ってくれるなんて!セクゾの各アルバムに絶対1曲は入っている「SexyZoneだから歌えるキラキラ可愛いアイドルソング」が大好きな私。歌ってくれるとは思わなくてテンション上がったよ~!!

『New Day』で「フルコンボだドン!」とか思っちゃってごめんなさい。

『IF YOU WANNA DANCE』からの『Ghost~君は幻~』という素晴らしい流れ。イフワナのイントロが聞こえただけで「うおおおお!まじかい!!」ってなったのにそこにGhostを重ねてくるなんて!私の心臓は持ちません!!(泣)

セクゾでは聡ちゃんが一番大好きなんだけど、イフワナの「イェイイェイイェエ~」ってところ(表現力…)の聡ちゃんの歌声がすっごく好きでそれがさらに聡ちゃんを好きになったきっかけでもあるから、生で聞けたのは本当に嬉しかった。そしてGhostの聡ちゃんのダンスもとてもかっこいいじゃないですか、もう幸せでしかないじゃないですか…

そして『Sweety Girl』。ピンクなマリちゃんともこもこくま耳の聡ちゃん。なんなの可愛さとあざとさでオタクのHPをゴリゴリ減らそうとしてるの…?やっぱり聡マリって天使なんだなって、天使って辞書で引いたら使用例に聡マリって出てくるんだろうなって再確認したよね。最後マリちゃんにおぶってもらう聡ちゃん可愛すぎて息子にしたい。

 

MCも面白かった!最近はエイトだったりジャニストだったりと関西の現場に入ることが多かった私。関西のようなスピード感や勢いのあるMCでお腹を抱えて笑うのも良いけど、セクゾのまったりとボケたり突っ込んだりするMCものんびり笑えてまた良い。

特に記憶に残っているのは下ネタという単語を連発する天使マリちゃん。マリちゃんの口から下ネタなんて単語が出てくるなんて…天使はそんなこと言わないよぉ……と一瞬痛い思考になってしまったけど(笑)勝利の「年頃だから…」の一言で、そうだよね16歳だもんね思春期真っ最中だもんね…と現実を見つめ直した。

その話になる前のくだりもめちゃくちゃ笑った。

そしてMCの最後に見学に来ていた大西畑の登場!きゃー!小姓ズー!!(ちょうどコンサートの2日前にドリステを観に行ってた)

にわかれんだいオタクですがこれは叫ぶしかなかった…「なんでキャーってなるん?」って大吾くんが言っていたけどそれは君たちの需要があるからなんだよ…!

 

『Easy come! Easy go! Easy love!』が今回のアルバムで一番好きな曲なので、後半にやっときたときはテンションが最高潮に。ハットを小道具に5人でダンス!かっこいい!お洒落!!(語彙力)途中のハットを投げる演出で「え?投げちゃうの?もらえた子ラッキーだなぁ…」と思ってしまった私は本当にアホである。なのでハットが5人の手に戻ってきたときは普通に「なんで!?」とびっくり(笑)1曲前の『Love Confusion』のしっとりとした雰囲気とのギャップもまた良かった。

『But』はもう曲が始まる前のモニター演出から「今から菊池風磨さんのソロ曲入りまーす!」感がびしびしと伝わってきて。始まる前に友人と風磨のソロ曲での衣装を予想していたのだが、おおよそ当たっていたのは笑ってしまった。

 これもう本当に本当に可愛すぎて悶絶しかけたよね…聡ちゃん可愛すぎる問題…

 私の周りの人ほとんど大晴に釘付けになったんじゃ!?って思えるくらいに全力だった。フルパワーだった。あんな楽しそうに笑顔で踊る大晴から目を離すことなんて出来ない…!

 

そしてアンコールに事件(?)は起こったのである。

 

遡ることコンサートの後半、友人が「大西畑ともう一人見学増えてるよね?」と言ってきた。確認してみると確かに白いトップスを着た人が一人増えている。誰なんだろう?と思い双眼鏡で見てみるものの、光の具合で顔がはっきりと見えない。友人は「なんとなく顔は見たことある気がするんだけど名前までは…」とのこと。(友人は関ジュにあまり詳しくない)まぁ関ジュの誰かなんだろうと思いつつもステージに意識を戻す。そこからは白いトップスの子のこともすっかり忘れていた(笑)

そしてそしてアンコールになりバクステを見てみると、そこには見学席にいた白いトップスの子の後ろ姿が。今度こそ誰か分かるだろう!思い双眼鏡を覗く私。

「お、お、大橋くん!?!?!?」

そこには大好きな大橋くんがいた。そりゃ関ジュだしいてもおかしくないんだけど本当にびっくりした。めちゃくちゃ動揺した。だってMCのときには出てこなかったし…!!

 

そんな今回のツアーでメインバックとして着いていたのはPrinceとSixTONES(京本・ジェシーを除く)の4人だったのだが、このSixTONESの4人が実際に生で見ると私の抱いていたイメージとは良い意味でギャップがあった。

4人ともそれぞれのキャラや性格はドル誌でのインタビューや『ガムシャラ!』などでもちろん知ってはいたのだが、実際にコンサートでファンと接しているところを見たことがなかった。そして勝手にファンへの対応はなんとなくシュっとしてクールな感じなのかな?というイメージを持っていた私。本当になんとなく。4人ともJr.内では下を引っ張っていく立場で年齢もお兄さん側であったり、KAT-TUNなどのオラオラした曲を歌っていたりというイメージがあったので…(笑)

そんな4人へのイメージがひっくり返った。4人ともキラキラの笑顔をファンに向けてくれているし、ファンの持つファンサ団扇に対しても全力で対応している。特に高地くんがおそらく結構上の席にいたのであろうファンに対して全力でファンサをしていたのを見て、なんて素敵なアイドルなんだ…と感じた。

4人の中で一番イメージが変わったのは北斗くんだ。他の3人はいじられキャラだったり笑いを取りにいくキャラだったりというイメージを持っていたのだが、北斗くんに対しては特にクールというかなんというか、上手く言えないのだがそんな印象を持っていた私。しかし、外周を歩いている北斗くんはすっごく楽しそうな笑顔でファンに手を振ったりしていて良い意味で衝撃を受けた。

(なんだか4人とも愛想が悪いと思ってた、みたいな文に見えたらごめんなさい…全然そういうことではないので!)

 

アンコール前のスクリーンに映ったお花畑のような、キラキラした色とりどりの世界で存分に楽しませてもらえたコンサートだった。こんな素敵な空間へ招待してくれてありがとうSexyZone!(と誘ってくれた友達!笑)